デザインポリシー   WEBサイト制作   デザイン制作実績   デザイン会社:ジィ・キューズについて   トピックス   地図 
TOP > デザインポリシー > 納得の制作ステップ

納得の制作ステップ
〜デザイン制作に納得いただけるステップを


「デザインとその内容」はもちろんのこと、その制作ステップにも納得を

お客様にとって「デザイン会社」は見えにくく、わかりにくい存在だと思います。たとえば、デザイン料金。
同じデザイン会社であっても、料金はかなり格差があるのが実状です。適正価格というものをお客様に把握してもらいにくくなっています。また、予算計画を立てたいのに、なかなか見積もりが出てこないこともあるかもしれません。

たとえば、デザインの仕上がり。フルオーダーメイドにてそれぞれのお客様とその時の事業やプロジェクトに沿った適切なデザイン・サービスを提供するため、基本的にはフォーマット化・標準化されたデザインはありません。ある程度の法則はありますが、「何でもあり」とも言えてしまいます。消費者や顧客の「心の動き」に沿った的確な視点をお客様にて持たれている場合は、適切な修正・調整依頼を経た上で、最適なデザイン制作を行うことができます。デザイナーはご指示通りに製作すれば良いからです。ですが、お客様にとっては大変な労力となります。「その労力・最適なデザイン製作を求めて、デザイン会社に依頼してるんじゃないの?」という自然な意見も出て来て当然だと言えます。各デザイン会社の「料金」と「デザイン制作の仕上がり」にはあまり整合性がないとも言えてしまうのが実状です。
依頼する時にはまだ制作物が仕上がっていない訳ですから、その進め方、姿勢・考え・制作実績などを吟味し、デザイナーもしくは担当会社を良く見極め、「同じ価値観が持てる。」「信頼できる」「納得できる」と感じたとき、お客様の中ではじめて整合性と納得が産まれるのです。

制作の前に必ず予算の承認を得てから進行いたします。

ビジネスにおいて「費用対効果」が大切であるのは言うまでもありませんが、「デザイン制作過程」でも同じことです。予算を把握し、それに対する予測を立てられずにお客様にてご発注の判断ができるはずがありません。まずはヒヤリングの上、最適なプランを想定した御見積書を提出いたします。プランの内容を変更・調整することで、ご要望どおりの予算で承認を受け、デザイン制作を進行しますので「思っていたより費用がかかってしまった」という心配はありません。

まず、お客様やそのプロジェクトに関するできるだけ多くのことをお聞かせいただきます。制作途中の進行過程において、その確認・摺り合わせ・調整ステップを怠りません。

お客様の考えをお伺いするとき、それは、デザイン制作の内容のことだけではありません。お客様とプロジェクトに関わるありとあらゆることをお聞かせいただきたいと思います。特に、そのプロジェクトに掛ける「お客様の想い」を。それを基に、最適な表現・具現化を行うのが私たちデザイン会社の仕事です。

私たちデザイナー・クリエイターは、さまざまな業種・業態のお客様とおつきあいすることができます。たとえば名刺や封筒、会社のロゴマークなど、「デザイン」の出番はどのお客様にも存在するからです。そこで得られる知識・経験・特定業種にとらわれないフラットな視点(より消費者に近い視点)から、熟練した表現の視点から「お客様の想い・計画」の具現化提案をいたします。「売れるデザイン」を考えます。必要があれば、制作途中に何回でも確認ステップを踏ませていただきます。重要なのは、その摺り合わせとそこで培われる新たな発想、そして信頼関係だと考えているからです。

「パートナーシップ:お客様と私たちの協力関係」が相乗効果を生み出します。

信頼関係が成り立つ時、お客様と私たちの間の相乗効果が最大限に発揮されることになります。(デザイナー・クリエイターも人間ですから、「想い・気持ち」が入る方が自然に良い仕上がりになる可能性も高くなるとも言えます)まれに、「プロにお任せ!」と、デザイナーの提案をそのま受け入れ、完全に判断をゆだねてしまわれる方もおられます。私たちは「売れる商品・サービス」のための効果的なコミュニケーション表現をお手伝いすることしかできません。その事業を主体となって行う訳ではないのです。だから、お客様にはまずデザイン制作においても、真剣に身を入れていただける姿勢と覚悟をお願いしたいと思います。そして実際に協力し合い、知恵を出し合って初めて相乗効果が生まれると思うのです。そのために、私たちの持てる知識はどんどんお伝えします。お客様にも正直なご意見をどんどんお伝えいただきたいと思います。双方どちらにとっても「ひとりよがり」のデザイン・制作になってしまっては、せっかくの費用が無駄になります。

中にはデザイン制作実績を「作品」と呼ぶデザイナーがいますが、私たちは決して「作品」と呼びません。あくまで、携わらせていただき協力させていただいた「制作実績」です。決して自己満足の成果ではないからです。

私たちは“納得できる制作ステップ”を心がけています。お客様との相乗効果を目指します。

お客様にも私たちにもメリットが生まれ、相乗効果が発揮できるパートナーシップとしての取り組みをお考えの方、具体的なご相談でなくても結構です。まずはお気軽にお問い合わせください。